Service

事業紹介

ATAハイブリット工法のご紹介

国内最長クラス34mの大スパンにシー・エス・ホームがチャレンジ

「ATAハイブリッド工法」とは、木造建築の最新工法で、木材の圧縮強度と鉄の 引っ張り強度を活かすことで、 一般流通木材で30m以上の大スパン空間が可能とします。画像は34mの大スパンで国 内最長クラスです。 これまで鉄骨などが主流だった大型の公共施設や商業施設が、「ATAハイブリッド 工法」によって 木造建築でも可能になります。 シー・エス・ホームは、持続可能社会を形成し、ヒトにも優しい木材でつくる大型建 築をご提供します。 木のぬくもり、調湿効果、清涼感のある木の香りが「森林浴効果」をもたらし、 ヒトをリラックスさせてくれます。 倉庫など保管機能の工場、建築物内作業者の快適性、作業効率工場など 木造建築ならではの恩恵や効能をご体験ください。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

お問い合わせ・資料請求